EIWA 英和株式会社

あらゆる産業のハイテク化に貢献する計測制御と産業機械の総合商社

文字サイズ変更

会社案内 company information

英和株式会社 沿革

印刷する

1947年(昭和22年) 大阪市西区にて阿部英三郎が個人経営で英和商店を創業し、航海計器・発動機部品の販売を開始。
1948年(昭和23年) 株式会社に改組、英和精器(株)を資本金50万円で設立。
造船所・陸上業界分野へ精密計測機器を中心に事業拡大を図る。
1952年(昭和27年) 直接需要家向販売会社として英和精工(株)を資本金100万円で設立。
大阪府知事より計量器販売許可を受ける。
1956年(昭和31年) 自社製品の製造を目的として(株)双葉製作所<現双葉テック(株)現・連結子会社>を設立。
1959年(昭和34年) 〜
1969年(昭和44年)
東京本社、名古屋、神戸、岡山、千葉、広島、堺、札幌、福岡、京滋、四日市、姫路、徳山、高松、大分に営業拠点を開設。
1970年(昭和45年) 事業の合理化のため、英和精器(株)が英和精工(株)を吸収合併。
商号を英和精工(株)に変更し、資本金8000万円に増資。
鹿島に営業拠点を開設。
1972年(昭和47年) 資本金1億円に増資。
1977年(昭和52年) 〜
1985年(昭和60年)
横浜、静岡、日立、富山、新居浜に営業拠点を開設。
1986年(昭和61年) 資本金2億1550万円に増資。
1987年(昭和62年) 商号を英和(株)に変更。
1988年(昭和63年) 資本金2億3550万円に増資。
1989年(平成元年) 宇都宮に営業拠点を開設。
大阪証券取引所・市場新2部に上場。
資本金10億3390万円に増資。
1990年(平成2年) 埼玉、長崎に営業拠点を開設。
1993年(平成5年) 新本社事務所を建設。
1996年(平成8年) 大阪証券取引所、市場第2部に指定。
資本金15億3340万円に増資。
2001年(平成13年) 従来仕入先であったアイコン(株)の株式全株を取得し、連結子会社とする。
秋田、新潟、つくばに営業拠点を開設。
2002年(平成14年) 仙台、熊本に営業拠点を開設。
2003年(平成15年) 卸販売を主体とした連結子会社エラン(株)を設立し、一部の業務を委託する。
三井物産マシナリー(株)より道路維持関連機械・環境関連機械・駐車場関連機械・その他一般産業機械の営業権を譲り受ける。
松戸、上越、盛岡、松本に営業拠点を開設。
2004年(平成16年) 国際営業部を設立。
中華人民共和国上海市に上海駐在員事務所を開設。
2005年(平成17年) ISO14001認証取得。
室蘭に営業拠点を開設。
2006年(平成18年) ISO9001認証取得。
英和双合儀器商貿(上海)有限公司の営業を開始。
2007年(平成19年) 群馬に営業拠点を開設。
2008年(平成20年) 連結子会社双葉テック(株)が連結子会社アイコン(株)を吸収合併。
2013年(平成25年) 東京証券取引所、市場第2部に上場。
東北エリアにおける営業基盤の強化を目的として東武機器(株)の株式を取得し、連結子会社とする。
2014年(平成26年) 連結子会社エラン(株)を吸収合併。
2018年(平成30年) 川崎に営業拠点を開設。
ページ上部へ Copyright © EIWA Corporation. All Rights Reserved.